環境芸術の森は予約が必要?ランチや食事は可能なの?

スポンサードリンク


11月16日に唐津市厳木町の「環境芸術の森」へ行って来ました。

厳木町は私の住む実家の多久市のお隣の町で、実家に帰った時にまだ存命だった母から聞いて初めて訪れてから今回で4回目の紅葉狩りです。

2回目まではそれほどの混雑は見られなかったのですが、近年にわかに紅葉の名所となってしまったようで、昨年に続き今年も平日にもかかわらず大変な人出でしたw

ここでは「一度行ってみたいな」と思っている方に、事前に分かっていたらとってもいいよな~っていう情報をお知らせしたいと思います。

環境芸術の森 予約

初めて環境芸術の森に行くとなると、いきなり行っても大丈夫かという不安が出てくるかもしれませんね。

たとえば、紅葉のシーズンだけしか開園していないのではないか?せっかく行っても休みだったらどうしようとか、事前に予約していなければ入れないシステムだったらとかとても心配ですよね。

でも、環境芸術の森は通年開園しているので、環境芸術の森自体の入場には特別な予約は必要ありません。

また、逆さ紅葉が撮影できる「風游山荘」も特別公開期間中は予約不要です。(春:5月上旬~6月下旬 秋:11月上旬~11月末)

特別公開期間以外でも、スタッフさんが出勤しておられたら開けてくださいますので予約を入れなくても大丈夫です。

ただし悪天候の場合は閉められることがあるそうですので、その場合はお電話で確認されるのがいいかもしれませんね。

でも、そんな悪天候の時にわざわざ出かけようと思う人は入らっしゃらないでしょうねw

環境芸術の森 ランチ&食事

奇麗な紅葉を鑑賞して五感が満腹になったら、次はお腹の方も満腹にしてやりたくなってくるものです。

ただ、残念ながら環境芸術の森にはランチやお食事を提供してくれる施設がありません。

一番初めに言ったころは「風游山荘」で食事を出してくれたり、持ち込みのお弁当を食べながら休憩することなどもできたのですが、今はここで食事を摂ることはできなくなっています。

数年前まではこれほどの知名度はなく、知る人ぞ知るという紅葉スポットだったので、「風游山荘」でも追加料金の200円を払えば休憩できたのですが、現在はものすごい数の観光客がやって来るようになったので当然と言えば当然なのかもしれませんね。

ただ、飲食物の持ち込みは禁止されていませんので、ご自宅で用意したおにぎりや途中のコンビニなどで調達したお弁当を、園内に設置してあるベンチに腰掛けて美しい紅葉を愛でながらランチタイムを楽しまれている方も多く見かけられます。

環境芸術の森 周辺でランチが食べられる飲食店

観光で訪れたのだから、せっかくだからおにぎりやお弁当ではなく美味しいランチが食べたいというのであれば、お隣の多久市にまで足を延ばされた方がいいと思います。

同じ町内で軽いお食事でもいいというのであれば、道の駅厳木「風のふるさと館」にある「麺屋二〇三(にいまるさん)」のおうどんがおすすめです。

アムール

環境芸術の森からいちばん近いところにある多久市のレストランです。

先代が始めた喫茶店から、ずっと地元の人に愛されて続いてきた創業50年の老舗のレストランなのだ!

「うわさのカリー」と呼ばれる名物カレーで、土・日・祝日には県外からも訪れる客が多いことで行列ができるという超人気店です。

なのでウィークデー以外は待ち時間を覚悟で行くしかありませんw

佐賀県多久市北多久町大字小侍666-42
TEL 0952-75-4881

営業時間:11:00~22:00(ラストオーダー 21:45)
(ランチメニューは月~金の11:00~14:30まで)

定休日 : 毎週木曜日

スポンサードリンク

 

この投稿をInstagramで見る

 

satomi(@satominton0129)がシェアした投稿

サンモリナガ

「アムール」から徒歩で2~3分のところにあるので、実際は環境芸術の森から車で来るとこちらが手前に位置しますw

こちらも創業50年以上の老舗のレストランで、得意なのはハンバーグだとオーナーが自負するだけにじつに美味しいのだ!

しかし、「アムールが一杯だったからサンモリナガにした」という人もいるくらい、ここのカレーもとても美味しいです。

佐賀県多久市北多久町大字小侍642-1
TEL 0952-75-3457

営業時間(ランチタイム) :10:30〜15:00 (ラストオーダー 14:30)
営業時間(ディナータイム):17:00〜21:30 (ラストオーダー 21:00)
定休日 : 年末年始

 

この投稿をInstagramで見る

 

サンモリナガ(@sunmorinaga)がシェアした投稿

まとめ

環境芸術の森は通年開園しているので入場するのに特別な予約は必要ありませんが、「風游山荘」が目当てで行くときにはまず電話連絡で開園しているかどうかを確認した方が無難です。

環境芸術の森の園内にはランチやお食事を提供してくれる施設はないので、どこかで事前に済ませて来るのもいいかもしれませんが、お弁当を持参して園内で紅葉を見ながらゆっくり食べるのもいいかもしれませんよ♪

スポンサードリンク

Posted by sakko