糸島に天使の羽の住所を調べて行ってみた

最近ローカルのテレビ番組でよく見る糸島の観光巡り。

中でも壁面に描かれた“天使の羽”の前に立って写真を撮ると、まるで体に翼が生えたみたいになって、今で言うインスタ映えする写真が撮れるスポットが人気のようですw

天気が回復したので、アラフィフ親父もかつては天使だった愛妻と一緒に“天使の羽”を見に出かけてみました。

さて、ここで問題が…。

カーナビに案内させようと思ったのですが、はたして何と入れたらよいのか分からないw

もちろん“天使の羽”と入力してもダメだし、ここは一旦家に戻ってパソコンで検索してみることにしました。

どうやら“天使の羽”は、パームビーチ(PALM BEACH THE GARDENS)というレストランに隣接しているらしいので、その住所を入力すればよさそうだ。

パームビーチというのはイタリアンレストランで、カフェやダイニングバー、それに雑貨店などのショップが集まっている複合施設で、住所は「福岡市西区西浦286」となっていました。

糸島っていうのは地名で、正式な住所ではないのかな?なんで思いながら、カーナビに住所を入力していざ出発!!

糸島は、我が家から唐津を経由して福岡方面へ約1時間半ほどのところですが、これまで行ったことがない初めての場所です。

ちょっと肌寒いが、お天気も良くドライブ日和でした。

糸島に入り、海岸沿いを走っているとしめ縄が飾られた二つの岩が見えてきました。

「二見ヶ浦 夫婦岩」

福岡の絶景スポットとして昔から知られる景勝地だそうで、岸にある鳥居は満潮時には海に沈んでワイルドな光景が臨めます。

その奥にある二つの岩の間にしめ縄が飾られています。これが夫婦岩で、昔からカメラマンの撮影スポットとして人気だそうです。

“日本の夕日百選”にも選ばれていて、二つの岩の間に夕日が沈む光景は絶景なのだそうですが、それまでは待てませんので、“天使の羽”を目指しましたw

さて、さて、カーナビが目的地に着いたと知らせてくれました。

これが“天使の羽”です。

海も透き通っていてとてもきれいでしたよ。

もうちょっと若かったら、夏に訪れたいところだなと思いましたw

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする