博多うどんを東京で食べたいと思ったら

2018年10月5日

一時期東京に住んだことがあるんですが、いちばん寂しかったのがうどんがまったく美味しくなかったことです(笑)

うどんが食べたいと思って注文して出てきたものが、真っ黒な出汁の中にぼそぼその麺が出てきたときには、東京の人には申し訳ないんですがとてもショックでした。

博多には「牧のうどん」という、福岡県民ならまず知らない人はいないという有名なうどん屋さんがあるんですが、そこのうどんが最高なんです。

そんな根っからの博多うどんで育ってきた私は、黄金色の出汁に柔らかくて噛まずに食べられる博多うどんこそがうどんなんですよねェー。

それ以来うどんはまったく食べなくなったんですが、人って食べられなくなると余計に食べたくなってくるんですよね(笑)

そこで、ネットで博多のうどんが売ってないかと思って、調べて出てきたのがこの博多うどん。熊本県の五木食品というところが造っている乾麺でした。

udon_2

さすがに生?はないですよね。そこで「熊本県で博多うどん?」とは思ったんですが、博多うどんというネーミングに惹かれて注文しちゃいました。ところがこれが大正解だったんです(笑)

麺の大きさこそ「牧のうどん」とはかなりの差がありますが、麺の柔らかさはまさに博多うどんだったんです!!

それからは、うどんが食べたくなったこのうどんを食べてました。実家に帰って来てからは食べたことはないんですが、久しぶりに食べたくなりました。

近いうちにまた注文してみるかなw