唐津くんちの三月倒れ

あまりにも天気が良かったので、妻と唐津くんちに行ってきました。

子供たちが小さかった頃に何度か行ったことはあるんですが、人ごみと行列が大嫌いな私はこういったお祭りというのは苦手です。だから曳山を写真に撮ったことは今回が初めてです。

img_0399_s

唐津くんちは江戸時代から続く唐津神社の秋の大祭で、町民のお祭りです。11月2日の宵ヤマから始まり、3日の神幸祭、そして最終日の4日の町廻りで終了です。

11月4日の昨日は、唐津市役所前に集結していた14台の山が、午後3時ごろから市内を回って唐津神社に帰る最後のフィナーレです。

14代すべての曳山を写真に納めようと30分ほど前からスタンバイしました(笑)

ところで唐津くんちの、いわゆるくんち料理はとてつもなく豪勢なことで知られていますし、今はどうか分かりませんが、昔は知人と一緒ならまったく知らない人でも酒に食事にとごちそうにありつけたそうです。

これが唐津くんちの三月倒れといわれるもので、3か月分の収入をこの3日間で使ってしまうほど酒に料理にともてなしをするので、これでお金が無くなって首が回らなくなりとうとう店をつぶしてしまうというところからきているそうです。

さて、曳山が動き始めました!

ポジション的にはあまりいいところではなかったんですが、けっこうそれなりに楽しめましたよ。

まだ見られたことがない方は、一度でいいから行かれてみたらいかがでしょう。気がついたら「エンヤー、エンヤ」「ヨイサー、ヨイサ」の掛け声を、みんなと一緒に自然に言ってました(笑)

img_0415_s

img_0414_s

img_0412_s

img_0410_s

img_0408_s

img_0407_s

img_0405_s

img_0403_s

img_0402_s

img_0417_s

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする