確実な足の臭いと靴のにおいの取り方

私、仕事が現役のころは、ずっと足の汗とにおいに悩んできました。

毎日がスーツと革靴を履いて仕事をしていたんですが、どういうわけか夏場だけではなく冬でも靴の中の足が汗ばむんです。

足に汗をかくということは当然足が蒸れるわけで、蒸れると足がにおってくるわけなんですよね…。

って、ずっと思ってました。汗をかいて蒸れるからにおいがするものと、そしてそのにおいが靴にもしみついてしまうんだと…。



だから私は毎晩お風呂に入ったときには丁寧に足を洗い、靴下を履く前には制汗剤を使いました。もちろん足用の…。

でも、結果は同じだったんですよねw

次は靴自体が蒸れるような構造になっているのがいけないと、蒸れない靴や通気性のいい靴というのを片っ端から買っては履いてみたんですが見事撃沈。結果は変わりませんでした。

じつは、においの元ってずっと汗による蒸れが原因だと思ってたんですが、本当はそうではなかったんですよね。この「グランズレメディ」を使ってみて、長い間自分の考えが間違っていたことに気がつきました。

足のにおいの元は、放蕩は靴の中の細菌のせいなんだそうです。

靴の中の細菌を無くしてしまえば、靴はもちろん足のにおいも無くなってしまうのです。おまけにあれほど汗をかいてベタベタしていた足が、なぜかサラッサラ!!

「グランズレメディ」を知って以来ずっと使っているんですが、中に含まれる成分が靴の中の細菌を殺してくれるので、足の臭いはもちろん靴にしみついていた匂いも消えてしまうんです。

その効果は個人差はあるようですが、なんと約3か月から半年くらいはありますよ。

確実な靴のニオイの取り方は、この「グランズレメディ」を使うこと以外にはないと、本当に私は思っています。

使い方は簡単、付属のスプーン1杯を靴の中にパラパラ。

 

靴全体に行きわたるようにコンコン、コンコンと粉を行きわたらせるだけす。

あとは普通に靴下のまんま靴を履いて一日過ごします。これを1週間ほど続けるだけで、あとは約3か月から半年くらい効果が継続します。

洗えない靴だからこそ、この魔法の白い粉が役に立ちますよ(o^-‘)b グッ!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする