熱中症対策帽子

実家に帰って来てからは、地域の清掃作業に参加することが多くなりました。

というのも、私の故郷でも高齢化が進み、独居老人も増えており、労働力となる男手が足りなくなっているのです。

とくに夏場は、驚異的なスピードで夏草が伸びます。

こっちに来て初めて触った草刈り機も、今では数年前から扱っているかの如く上手くなりましたw

マダニにも噛まれたり、熱中症の恐怖とも戦いながらやってますが、先日何かの番組で、熱中症対策帽子というのが紹介されていたのがずっと気になってました。

ネットで検索してみると、「Airpeak(エアピーク)」というものでした。

2重構造になっていて、ツバの上部とサイドから空気が取り込まれて通気口から温度と湿度を排出するようになってます。

帽子を被ってない人は論外ですが、一般的な帽子と比べても頭頂部の温度が6度、湿度は20%も抑えることができるそうです。

湿度が抑えられるということは、蒸れないということなので、薄毛の私にはとっても嬉しい帽子とも言えますねw

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする