温度調節が自在で保温もできる電気ケトル

コーヒーやお茶を飲みたいときに、少量だったらしばらく待つだけでお湯を沸かせることができる電気ケトルは、我が家でもかなり重宝してます。

ただ、沸かしたのはいいけど保温効果がないので、飲みたくなったらその都度スイッチを押して沸かし直さなければなりませんよね。

「これ、お湯がすぐに冷めてしまうのよ」と、亡くなった母が言っていたことを思い出しますw

保温ができる電気ケトルってないのかなって思ってたら、やっぱりあるんですねw

アラフィフ親父が気に入ったのは、この山善さんの電気ケトル「YKG-C800」です。

この「YKG-C800」のいいところは、コーヒーに紅茶や日本茶など、それぞれに適したお湯の温度が簡単に設定できるんです!

60~100℃まで1℃刻みで細かな温度設定ができるので、自分の好みや飲み物に適した温度を設定することができるんです。

「そんなの面倒じゃない」という人のために、6段階の温度もプリセットされているので大丈夫。好みの温度スイッチをタッチするだけですw

保温がしたいときは保温のスイッチに触れるだけ。もちろん保温が必要ないときは、まるっきり普通の電気ケトルですw



山善さんの製品といえば、我が家では脱衣所温風ヒーターを使ってますが、山善さんのいいところは「こんなのがあればいいな」っていうものを開発してくれるところですね♪

脱衣所温風ヒーター DFX-RJ12を取り付けてみたの記事へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする