東京で博多うどんを食す

2018年10月5日

東京で食べたうどんと、故郷のうどんとのあまりの違いにとにかく驚いたのですが、東京で博多うどんを食べたいと思ってもなかなか無理なようです。

故郷のうどんといえば「牧のうどん」。

東京で「牧のうどん」を探したもののやはりあるはずがなく、ネットで「牧のうどん」を通販で買おうと思ったもののこれも無理でした。

それでもあきらめきれずに探し回って、やっとたどり着いたのが九州の「五木食品」が販売している「博多うどん」。本当に東京で博多のうどんを食べることができて、とても嬉しかったのを思い出します。

九州に帰ってきてからは、たまに「牧のうどん」を食べに出かけるのですが、通販で取り寄せて東京で食べたあの「博多うどん」も捨てがたいのです。

もう一度あのうどんを食べたいと思って先日注文していたんですが、その「博多うどん」が先ほど届きましたw

早速今日のお昼は博多うどんを食すことにしたいと思います。といっても、私が作るのではなく私の奥様に作ってもらうんですがw

img_0161

今日は「ごぼ天うどん」に「きつねうどん」のお揚げをトッピングしてもらいます。

博多ではごぼうの天ぷらのことを「ごぼ天」といい、ごぼうの天ぷらがトッピングされているうどんのことを「ごぼ天うどん」といいます。

博多のごぼ天うどんのごぼうの天ぷらは、千切りではなく、ささがきでもなく、もっとデカくてゴリゴリしているお店がほとんどで、おそらくそれが博多のごぼ天のオーソドックスな姿なんでしょうねw

いわゆるかき揚げのような天ぷらじゃなく、もっと噛み応えのある太さのごぼうを下味をつけて調理したものを天ぷらにしたものだと思います。

関東や関西の方に言わせると、博多のうどんはトッピングが変っているといいます。とくに魚のすり身を薄く丸くして揚げた「まる天」などは、九州でも福岡や佐賀県くらいでしか見られないようですね。

img_0126_l img_0127_l

一方のお鍋では出汁をとりながら、もう一方のお鍋ではきつねうどんにするためのお揚げを、水・だし醤油・みりん・砂糖で煮ています。

我が家で作るごぼ天は、しっかりと歯ごたえがあるのがいいので下茹でなどはしません。なのであまりごぼうが太いと火が通りにくいので乱切りにしているそうです。

さて、ごぼうが切りあがりましたのでこれから揚げていくようです。

img_0132_l

普通に市販のてんぷら粉で、お好みで揚げるだけです。

img_0137_l

ゴボウが揚げ終わりましたが、このまま食べても美味しそうですねw

img_0130_l

さて、だし汁に醤油、みりん、日本酒などで味付けしてうどんのおつゆが出来上がりました。

img_0136_l

香味のネギも切り終えましたので、いよいよ「博多うどん」を茹でます。

沸騰したお湯に乾麺をほぐしながら入れ、約15分ほど茹でます。茹で時間は、ご自分の好みの硬さになるようご調整してみてくださいね。

我が家では喉越しの良さwを楽しむために、わりと軟らかめに茹でます。

img_0135_l

さて、そろそろ茹で上がったかな。茹で上がった麺をどんぶりに入れ、スープを注いで味付けしたお揚げと”ごぼ天”、ネギをトッピングします。

img_0144_l

は~い、出来上がりです。とっても美味しそうですよねw

ホントにこの博多うどんは美味しいんです。乾麺なんですけど粉っぽさがなくて、そして乾麺にありがちなゴリゴリしたところもなく、本当に博多のうどんに近い柔らかさなんです。

あ~、満足!!これだったら牧のうどんに出かけて行かなくって大丈夫かなw

今日もとっても美味しくいただきました!

◆我が家が推薦する博多うどんです。