呼子と言えばイカだよね

九州の実家に帰って来てはや9ヶ月。昨日は妻に催促されてイカの活き造りを食べに行ってきました。

東京にいるときに、テレビのグルメ特集などで呼子のイカの活き造りが紹介されるとき、このイカを食べたらもうスーパーのイカは食えないよといつも妻に言っていたものですw

「九州に来たんだから、呼子のイカを食べに連れてってよ」と前々から言われていたので、妻には内緒でこっそり予約を入れておきました。

いつものように夕食の買い物に行くために車に乗り込み、途中で急に思い立ったように「イカ食べに行こうか」と言うと、それなら化粧してくるんだったとかいいながらも、けっこう喜んでいましたw

自宅から呼子まではクルマでも1時間半ぐらいはかかります。でも、呼子のイカ料理店が唐津市内にもお店を出しているので、そこに予約を入れていました。

ところが道中、最近イカが不漁だというニュースを聞いたようで、「行ってからイカがないなんてことないよね?」だってw

漁ができてないのはスルメイカで、呼子のイカはヤリイカだから大丈夫だしもう予約もいれてるというよ安心したようでした。

目指すは「御宿 海舟(おんやど かいしゅう)」。唐津城が見えたらすぐのところです。

唐津城の両側には日本三大松原の一つである虹の松原が広がっており、鏡山の山頂から見ると鶴が羽を広げたように見えるので、地元では唐津城というよりも舞鶴城の方が馴染みがあるそうです。

唐津城を過ぎるとすぐ右手が「御宿 海舟」です。

二階の個室に案内されて待つこと15分。妻が待望していたイカの活き造りがやって来ました。

あれっ?いつもと違うな?

イカがいつもの切り方と違うんです。いつもだったら横にキレイに一直線に並んでいるのに、今日のは薄く削ぎ切りにしてあるのです!

じつはイカも時期があって、今の時期はヤリイカじゃなくてアオリイカなんだそうです。しかもイカの不漁は多岐にわたっているようで、今日のイカも大分県から取り寄せたものらしいとのこと…。

でも、さっきまでは生け簀で泳いでいただけに、透きとおったイカは歯ごたえもよく甘くて美味しかったですねw

刺身を食べ終わったらゲソを天ぷらにしてくれるんですが、持ってこられたときにはも二人ともお腹が一杯になってたので、お持ち帰りとさせてもらいました。

妻は生ビールを2杯、私はノンアルコールのビールを1本を飲みましたが、イカの活き造りとお刺身だけでお腹一杯になったのはとっても満足でしたね。

でも、妻は今度はヤリイカの活き造りが食べたいと言ってましたがw

5月になったら通販でも買えそうですね↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする