ゴキブリ駆除 死骸を見ないで済むゴキブリ殺虫剤

これはなかなかいいと思ったのでシェアしたいと思います。

東京のマンション暮らしの時には見たことがなかったゴキブリですが、九州の実家に帰って来てから出くわすようになりましたw

ネットでゴキブリの駆除の仕方を検索していると、最近はゴキブリを見てから駆除するのではなく、見なくて済むように早いうちから駆除するのが主流のようです。

私はもちろん、妻もゴキブリは苦手で死んだゴキブリでも処理するのはとってもイヤで、ゴキブリに直接吹きかけるのもちょっとって感じですw

かと言って、うちには猫がいるので燻煙剤も使いづらい…。

そんな時に見つけたのがアースの「ゴキプッシュプロ」。

これ↓

ゴキブリが隠れていそうなところにシュッとするだけですw

それだけじゃなく、待ちぶせ効果が約2週間も続くので2週間おきにシュッとしていればいいのですから、ものぐさな私たちにはもってこいのヤツでしょう。

「よし、これにしよう!」と思ったところが、よくよく調べてみるとちょっと問題がありました。

じつはこの「ゴキブリワンプッシュ」にはゴキブリが隠れた場所で死ぬのを防ぐために、薬剤を調節して隠れ家から出てきて姿を現してから死ぬようなんですw

ゴキブリがひっくり返って、手足をバタバタさせている姿なんか見たくないよ~って思っていたら、ゴキブリの死骸を見なくていい殺虫剤がありましたw

それがフマキラーの「ゴキブリプッシュプロ」。ひっくり返ってバタバタするゴキブリを見ないで済むんですw

これ↓

どちらも直接吹きつける必要はなく、待ち伏せ効果もあるので効果はほぼ一緒。違うところは人前に出てきてひっくり返って手足をバタバタやって死ぬのか、それともどこかでコッソリ死ぬかですw

もちろんゴキブリの死ぬところなんか見たくない私は「ゴキブリプッシュプロ」にしました。

でも、結局はどこかで死ぬわけですから、大掃除のときなんかはタンスの裏とかにゴキブリの死骸があるんでしょうね(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする