故郷の多久に戻って来て、気が付けばはや2年半が過ぎていました。母の入院から葬儀そして一周忌から三回忌と、思えばなんとも慌ただしい2年半でした。

そうした中、偶然に出会った小学校の同級生と昔話をしていて多久まつりの話題がでま ...