座り過ぎは命を縮めるとか

先日(11月16日)NHKの「ガッテン」という番組をご覧になられた方はいらっしゃるだろうか?そう、座り過ぎはタバコを吸うのと同じくらいに身体に悪く、1時間座り続けると寿命が22分縮むというものです。

私はそれを見ていて、強烈に背筋が寒くなりました。なぜなら、私はパソコンに向かったら、平気で2~3時間は座りっぱなしなんですから(笑)

番組では、NASAが老化を遅らせる画期的装置を開発したということで、人類老化防止についての取り組みを解説したものでした。

宇宙では地上の10倍もの速さで老化が進むのだそうで、宇宙の無重力を経験した人が地球に戻ってくると、ありえないくらいに異常をきたしているそうです。

その原因は無重力で、それに関係していているのが耳の奥にある耳石というものだそうだ。耳石はゼリーのようなものに包まれた、たくさんの毛の上に乗っていて重力を感知する装置だという。

hikoushi

体が傾いたりすると、重力の影響を受けて耳石が引っ張られて毛が倒れる。その毛が倒れた信号が脳に送られることで、体が傾いたことを知るという仕組みなんだそうです。そして耳石は全身の筋肉と繋がっていて、体が傾いたら踏ん張ることができるのもそのおかげなんだとか…。

ところが宇宙では耳石も浮かんでしまうので、いくら体を動かしても耳石は動かないのだ。実は座っているのも無重力状態と同じで耳石がおかしくなり、筋力が低下するということです。

最後にNASA直伝のアンチエイジング術として紹介されたのは、「30分ごとに立ち上がってまた座る」ということでした。ただそれだけなんですが、立ち上がる方が歩いたときよりも良い結果が出たからなんだそうです。

この立ち上がり動作は、NASAでも最新のリハビリ動作として取り入れられているとか。皆さんも実践してみてはいかがですか(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする